2011年12月16日

すばらしい静大卒業生!!!

みなさん、こんにちは!バーバリーです!







 第1回定例研究会で、静大卒業生の有名人を何人か紹介しましたが、今日はその時に出てこなかった、個人的に非常に尊敬する静大卒業生のある方を皆さんに紹介したいと思います。






それは、元ビクター副社長の高野鎮雄さんです。







高野さんは私たちが昔使っていたVTRを開発した方なんです。





なんといっても高野さんのすごいところは







他社の技術も取りいれて協力して開発するために、試作品を無償で提供したことexclamation×2






普通新企画の製品というのは世の中に出るまでは企業秘密であるはずなのですが、よりよい製品を開発するためにその技術を惜しげもなく提供しました。






こんなことは当時も今でもありえないことなんだそうです。







結果的にVHSは多くの家庭に普及し、当時は圧倒的に有利だったソニーの「ベータマックス」を超えて、世界規格にまで上りつめることとなったのです。






本当に素晴らしいですよねぴかぴか(新しい)







そしてもう一つ、高野さんには素晴らしいところがあります。





それは、窓際族と言われた社員260人全員を誰一人リストラすることなく守ったということ!!







当時ビクターは非常に深刻な経営不振に陥っていたそうで、営業利益も激減し、高野さん率いるVTR事業部はリストラ寸前の部署だったそうです。そこで働く社員たちは”窓際族”(管理職から外れて仕事も与えられず、窓際に追いやられて新聞を読んだり、外を眺めては時間をつぶす中高年層のことをいう)とまで言われていました。







 そんな部下たちに対して、高野さんは、もしホームビデオの開発に失敗したら部下一人ひとりに盆栽を与えて詫びると言って、家でわざわざ盆栽をつくりながら、部下たちをどこまで愛して信じて、命をかけて守ったのです。







 高野さんはビクターを退社してから2年後の平成4年に亡くなられましたが、その時の葬儀ではテレビでも放映され、多くの部下たちが参加しました。








そして沿道にはこんな横断幕が掲げられました。









ミスターVHS 高野鎮雄さん
ありがとうございます
安らかにお眠りください









静岡大学には、世界の平和と人類の幸福を根底から支える諸科学を目指す、というビジョンがありますが、高野さんにはまさにその言葉があてはまるなぁと思いました。









社員を家族のように愛して、世の中の人の為にどこまでも尽くされた高野さんのように、私たちも、周りの人たちを家族のように愛して、世界の平和に貢献できる者となっていきましょう!







以上バーバリーでした!
 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第三回 定例研究会〜「テレビの父」に学ぶ!〜

・・・・昭和28年2月1日








日本中が沸き立った、世紀の瞬間!!










さて、これは何の日でしょうか???






>>>続きを読む!  
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 01:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。