2012年05月23日

5月21日 金環日食!!!

みやびです!



みなさん!

金環日食は見れましたか!?





昨日の朝はみんな盛り上がったのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)




800px-Solar_eclipse_at_kashima_Japan_May_21_2012.jpg
wikipedia










そこで、

私の中継を交えてその時の状況を報告する前に、







まず、金環日食について少しだけお話ししたいと思います。










Q,「金環日食ってそんなにめずらしいの?」












A.いえ、金環日食自体そんなに珍しい現象ではないんです。












実は、

地球上のどこでもよければ、2年程度に1〜2回は発生しているんです。










とはいえ、この現象をあるひとつの地点で見ようとすると




平均300年〜400年に一度ぐらいになるため非常に珍しい現象になるんです!
















でもこれは、あくまでも平均なので、








地域によっては、数十年の間に2回見れたり、

1000年以上の間見れなかったりするんですあせあせ(飛び散る汗)















今回は、




その金環日食が南九州、四国、大阪から東京にかけてと




日本を縦断する形の広範囲で見れるため話題となったんですね^^るんるん















そうと知ったらこうしちゃいれない!!





さっそく5月21日



朝を待ちわびて、午前7時ごろを見上げてみました。





ちなみに、浜松周辺の本日の天気予報は曇り曇り





でも、実際には見てみないとわからない!!
















さあ、どうだ!?















じゃじゃー・・・・ん・・・・

IMG_1515.JPG










(・・・・・・いちまつの不安が頭をよぎるたらーっ(汗)













かすかに雲の隙間から光が漏れているが、



太陽がない・・・・たらーっ(汗)バッド(下向き矢印)











でももしかしたら、雲の隙間から。。。。



という願いとは裏腹に、どんどん濃く深く広がる雲
















7時30分ごろ(7時32分に金環日食予定)




以前、変わらず










「もう無理なのか・・・もうやだ〜(悲しい顔)









でも、せめて映像だけでも!と思い、TBSのインターネットライブ映像をつけました。







すると、まさに月と太陽が重なる瞬間!


IMG_1517.JPG






今回は映像であきらめようと思っていましたが、







やっぱり最後の望みをかけよう!と思い、思わず外に飛び出しました!














あ、少しずつだけど、雲が流れてる!?

IMG_1518.JPG


















わー!!見えそう!!

IMG_1521.JPG


















見えそう!!!!


IMG_1520.JPG



















見えそう!!!!!!!!!



IMG_1522.JPG






















ちらっ。

IMG_1523.JPG




やった〜〜!!!!見えた〜〜〜!!!!!!

(写真を拡大して見てくださいわーい(嬉しい顔)exclamation












どうですか?
皆さんにこの感動が伝わっているでしょうか?
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)















写真では写っていませんが、

まだぎりぎり金環の形をしている太陽が、





肉眼でははっきりとみることができたんです♪















薄く張った雲がグラスの役割をしてくれたんですね!














近くの某学生マンションの前では、

同じように空を見上げるたくさんの姿が。


IMG_1519.JPG














その後、しばらくを見上げ、

自然の神秘に感動していました。











金環日食は、多くの自然が映し出す表情の
ほんの一部にすぎないですもんね!









自然は本当にすごいですね☆












また、こんなに大勢の人が一斉に空を見上げるイベントっていうのも、

とても貴重なことだと思いました。













そしてその後、5分程度ですっかり空は晴れ渡り

肉眼での太陽観察は難しくなりました。


IMG_1524.JPG












本当にその瞬間だけ、雲が見えるようにしてくれたんですね!













ちなみに、金環日食になると、気温が1度下がるんです!







日食の始まる5分前くらいから、なんだか雨の降りそうな、薄暗くて寒くなるのを
みなさんも感じられましたか?











私はそれで、



「ああ、雨も降りそうだし、本当に今日は難しいな・・・もうやだ〜(悲しい顔)


と、一人勘違いして嘆いていました笑









みなさんの金環報告満月もぜひ聞いてみたいです*^^*♪




きっと、簡単に見れる状況ではなかったために、

いろんなエピソードがあったんじゃないでしょうか?





以上、宮美がお送りしました〜♪
 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 23:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の今 世界の今F 〜知られざる真実〜



こんにちは!!!


前回取り上げた、緊急事態基本法・・・



国家的に重要な法律なんです!!






そもそも、緊急事態とは

1.海外からの攻撃
2.テロからの攻撃
3.大震災
4.原発事故


と、前回取り上げましたひらめき







昨年の東日本大震災は痛ましい事態でした。。。




震災が発生してから対応までの遅れが被害拡大へつながったんです。







実は









その「対応の遅れ」が国家の命を危険にさらしてしまうんです!








でも、あまり国民は気付いていない(?)人が多いと思われる事実









実は、震災発生直後、妙な動きがあったんです!








それはアメリカ軍の動きです。





震災発生の数分後、アメリカ軍は軍人全員武装という動きをとったんですexclamation×2







(´Д`)「他国で地震が起きたっていうのに全員武装!?」








これには、東北の被災地に行くために「全員武装」したのではありません・・・









実はこの動き・・・対中国のためだったんです。







(´Д`)「震災が発生してすぐに、対中国の動きをするんかい!!」








いやいや・・・たらーっ(汗)




アメリカ軍は「全員武装」という本気体制



軍人は死を覚悟して武装したそうです・・・







それもそのはず・・







震災が発生してすぐに中国は
日本の尖閣諸島を支配しようとしたからです!





(´Д`)「尖閣諸島?それで武装?」







中国にとって尖閣諸島は「核心的価値」と捉え、戦争を起こしてでも守らなければならない事柄とみなしているんです!





(´Д`)「尖閣諸島って日本の領土でしょ?!」






中国にとっては違うんです・・ふらふら




(尖閣諸島のことだけで話すと長くなるので飛ばしますダッシュ(走り出すさま))








その動きに気付いていた日本人はどれだけいたんでしょうか?







震災で混沌とする中でドサクサに紛れて日本への侵攻を試みる中国の動きに気付いたのは



アメリカ軍でしたぴかぴか(新しい)






大国中国の強硬作戦に、「軍人全員武装」という緊急体制を作ったアメリカ軍。






震災時に日本を侵略しようとする中国は絶対許さない!!



というアメリカの意思表示によって、昨年6月に中国は尖閣諸島支配をやめたんですパンチ







時が過ぎれば、そんな事実があったのかもわからない真実





でも、もしアメリカ軍が命がけで日本を守ろうとした事実」がなければ、今の日本はどうなっていたのか・・・





尖閣諸島が中国に奪われるということは、日本アメリカにとって国家危機に及ぶ致命傷です。





有識者にはわかると思います目









ここで考えてほしいことは、震災直後のアメリカ軍の動きです!



震災発生数分後に軍人全員武装体制をとり、対中に備えました。



ところが




現在の日本では、震災発生数分後に軍全体を動かすような体制ができていないんです!





(´Д`)「アメリカが日本のためにできて、日本は日本のためにできない・・・」





緊急事態海外からの攻撃テロからの攻撃震災原発事故)が発生しても、すぐに国が軍が動くことができない状態。





近い例を挙げますと・・・




今年4月13日、北朝鮮がミサイルを発射しましたねむかっ(怒り)



これは失敗となりましたが、これにも「時が過ぎれば、そんな事実があったのかもわからない真実」があったんです。





ミサイル発射に対して、韓国22秒後に探知し55秒後に「失敗した」とわかったようです。







それに対して日本は、40分後にミサイルを探知したんですがく〜(落胆した顔)








(´Д`)「ミサイル来ちゃうよ!?」







これは、ミサイル1本の問題ですが、これが国家による侵略となると、対応の遅れは国家の命取りとなりますあせあせ(飛び散る汗)






緊急事態に対して迅速な対応ができる体制・・・





緊急事態基本法の制定は急務なわけです
exclamation×2exclamation×2







(´Д`)「でも、中国ってそんな侵略なんて考えてるの??」








これが・・・



今の日本が知らなくてはならないのに、ほとんど知らないということ・・・





安保セミナーでは、「隠された中国の脅威」「共産主義思想の脅威」の二部構成で講演が行われましたるんるん








そこでは、首脳会談や国際会議で見せる中国の姿とは違う、「中国という国家」が実行する数々の事実を知りました。






この事実は、日本が知るべき「知られざる真実」であり・・・





特に将来の国家を担う若者が知るべき事実だと思います!!






それをあまりマスコミが報道しないのが問題ですが・・・バッド(下向き矢印)






知るべき事実を知ることも若者の責任だと感じますパンチ

 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 15:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。