2012年06月21日

わたしの卒業研究 〜おもてなしから平和を科学する

こんにちは!あんです。










昨日、久々に静岡大学にいってきました。

DSC_0308.JPG

これは静岡キャンパスの図書館前です。
梅雨であり、新緑の季節でもある6月の静大は美しかったです。








それにしても、4年生にもなると大学に行く回数も少なくなりますね。




そんなわたしは現在、卒業には必須の

『卒業研究』に取り組んでいます!






コレがその様子です↓


DSC_0311.JPG








・・・(・┰・)?











大幅に間違えました(;´д`)

本物はコチラです↓

DSC_0314.JPG



これはわたしの卒論メモです。
(ちなみに上は単なる落書きでした。スミマセン)



現在、ちゃくちゃくと構想を練っているところです(^^)











え?テーマは何かって?









いやはや、よくぞ聞いてくれました!
卒論テーマが本日のネタですから。


(いやいや、聞いてないし。)











まあまあ、
(;´д`)んな顔しないで、少しだけおつきあいくださいな♪










さて、気になるわたしの研究テーマは

日本のホスピタリティ」ですっ!


ヾ(´▽`*)ゝどやっ










「お!なるほど。ホスピタリティね」

と思ったかた、よくご存じでしたね!素晴らしい!意識が高いですね!







「ん?ホスピタリティなにそれ?」
と思った人、もう少し勉強が必要ですね!
(なんだ、その上から目線は。・・・上からあん子ですから)







「知ってるよーホスピタル!病院でしょ?」
と思ったかた、惜しいの一言につきます!
(理由はのちほど!)












さて、はじめに「ホスピタリティ」とはなにかお話しします。





ホスピタリティ(hospitality) を直訳すると、
「心配り」「気配り」や「おもてなし」という意味になります。

これを聞いたらピンひらめきときたのではないでしょうか!?




ちなみに基礎用語は「hospital」で
第一義は、皆さんご存じの「病院」ですね。
(なので、病院も半分あたり!)



でも、

古くは第二義の「キリスト教の慈善施設
をさしたそうです。


後者は老人や孤児などを無償で世話する施設であったことから、
「ホスピタリティ」とは、料金請求をともなうサービスとは区別されてきたわけです。










あれあれ?(・・)
サービスホスピタリティって同じ意味じゃないの?









・・・って思った方もいるかもしれませんね。

実は、サービスとホスピタリティって、
雰囲気似てますが、「目的」が大きく違うんです。









サービス」とは・・・

顧客が支払う料金に見合う基本業務のことをいいます。

すなわち、この場合重要視されるのは

効率』をいかにあげるということです。


DSC_0319.JPG



三大資源(人・金・時間)を有効活用し、
効率をあげることがよりよいサービスのめざす目的と言えるでしょう。








コレに比べて、
ホスピタリティ」の目指すものはお客様の『喜び』です!

いかにしたら顧客をもっと満足させることができるか、

ホスピタリティは問うているわけです。




DSC_0320.JPG











(^〇^)へぇ〜そうなんだぁ!
ホスピタリティの方がなんか人間味あるね。
後者の方が大事かもね。










と思うかたもいるかもしれませんね。



しか〜し!




わたしの経験上、サービス業においては
「サービス」と「ホスピタリティ」両方のバランスが
重要なんです!!











▼Think about this situation...

DSC_0318.JPG

@ サービス >ホスピタリティ

うーん。
なんだかテキパキ仕事はこなしてるけど、
愛想は悪そうですね(>_<)
味はよくても、また来たいとは思わないかも。




DSC_0316.JPG

Aサービス < ホスピタリティ

笑顔や店員の雰囲気はあたたかく、居心地さいこう!
でも、料理こないよー!おーい。
ってなりますよね。






だから、サービス技術+おもてなしの心の双方が接客には重要なんですよね!








さて、話しは卒論に戻りますね!




わたしはこの卒業研究を通して、
現代のサービスやホスピタリティの根をたどり、




最終的には

なぜ、人は人をもてなすのか?

あるいは

古代より人は見知らぬ他者とどう関わってきたのか

ということについて探りたいと考えています!











さて、長くなりましたが本日の結論です!





・・・いま、「ホスピタリティ」を考える意義について。





現代はグローバル化で
国や国、人と人とがとても近くなりました。



でも!




国や国、人と人との交流は古代から存在して

当時は当時なりに、こうした突然の「他者」との出会いに際して

何らかの形で「衝突」を緩和してきたのではないかと思います。









わたしは、その何らかのものが
ホスピタリティ」文化だったのではないかと思っています。








要するに、


人に対する「おもてなし」は
争いや衝突をおさえることのできる
1つの知恵だったのではないかということです。









現代ではサービス業のノウハウと化し
意味合いの変わった「ホスピタリティ」ですが、

その根元には
平和」や「調和」を生み出すヒントが
隠れている気さえします。


DSC_0322.JPG










その他にも、「おもてなし」の根元には
たくさんの意味合いが見えてきましたが
すべてを語ることはできないので
本日はこの辺で!







長々と固いお話におつきあいいただき、
まことにありがとうございました(^ー^)



引き続き、研究に精を出していきたいと思います!


あ、そうそう!
CARPの学生は、忙しいですが勉強にも熱心ですよぴかぴか(新しい)
(一応、宣伝。)





みなさまのご意見・ご感想もお待ちしてます。






あんかわいい

 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 16:10 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

急加速する中東、アフリカの民主化 〜子供が人間の盾に〜


こんにちは。

簡単なニュース速報(見テル?聞いテル?知っテル?)ですexclamation×2






現在、中東やアフリカでは民主化が進んでいる。
(今日のシキが書いてくれたミャンマー情勢に関連してますね)



原因は、インターネットの普及などが挙げられます。

fecebookツイッターによる「ネット」革命を実現したチュニジアの民主化デモもその一つ。





しかし、民主化デモにそう簡単に屈しないのが各国の政府の現状爆弾



特に、シリアのアサド政権の政府による弾圧は酷い・・

シリア反政府デモ分布.gif
参照:ロイターより




本日、ロイター通信から、「政府軍や政権を支持する民兵が子どもを「人間の盾」として使っている」とする報告を発表した。






9歳ぐらいの子どもたちが殺害や暴行、監禁、拷問、恣意的な逮捕の犠牲者となっており、シリア政府軍によって人間の盾として使われている







そう語った、国連のクマラスワミ事務総長特別代表はさらに・・







「自由シリア軍」など反体制派の武装勢力も、子供たちを戦闘に
巻き込んでいるという確かな情報が報告されている








民主化のデモの実態には、幼い子供たちが大人たちの武器のように使われている・・




国の未来を担う「国宝」とも呼ぶべき子供がこんな形で被害を受けているとは知りませんでしたダッシュ(走り出すさま)









恐縮ですが、私はこの報道で中東・アフリカ情勢は「遠い地球の局限地」で行われているものではないと感じましたあせあせ(飛び散る汗)

ミャンマーの民主化運動もそうですし、もっと見解を広げていきたいものです。



本当に簡単なニュース速報でしたexclamation
 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 14:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『反日』が『反政府』に変わるとき…



こんにちワンw


思いのほか、夢の中で日付変更線をまたいでしまった
シキが、今日も時事問題についてお送りします(Q_Q)/ダッシュ(走り出すさま)



ところで昨日は台風4号が日本本島をまたいでいきましたねll台風


電気がときどきポツポツしていましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
みなさんが無事であることをお祈りします。






さて、今日は東南アジアの国
   ミャンマーについてです!!
(引用記事は、日記の最後をご覧ください。)



もともとはビルマという国でしたが、
かつての政治変革で軍部が権力を掌握し、一時は軍事国家と化した国です。





その中でも注目されていたのが
アウン・サン・スー・チー氏 (現66) です。
アウン・サン・スー・チー.jpg
転載源:http://www.epochtimes.jp/jp/2007/05/html/d48753.html





彼女は16日、ノルウェーのオスロで1991年に贈られたノーベル平和賞の受賞演説を行いました。




その間、なんと21年間です!!!(゜ロ゜;







最近の話題としては、
中国人のノーベル平和賞受賞
世界で問題となりました。




なぜなら、受賞した本人は中国政府にとっては共産主義国家に反対する民主化運動家なのですから、政府は(受賞されるべき理由について)誠に遺憾だと反発するわけです。




それゆえ、現在も中国国内から出国できない状態です。





最近の産経新聞にも、
香港で民主化運動家の不自然な死に対し、政府に講義するデモがあっと、私の記憶に残るところです。






では、中国もいずれ、ミャンマーのように民主化するとしたら、国内の思想家や民主化運動家は解放され、彼らの名誉は回復されていくのでしょうか?

しかし、誰しも急な変化についていくのは大変でしょう。
考えるべきは、民主化へのプロセスです








突然話が変わりますが(^_^;)
みなさんは覚えているでしょうか?


自民党政権下の小泉首相が靖国神社参拝を決行した際、中国内にある日本系企業(イトーヨーカ堂など)に中国人が大量になだれ込んで硝子などをぶち割ったり、日本領事館に不審物を投げ込むなどの大衆反日デモがありました。




私は、学校に行く朝方、テレビに釘付けになり、
腸が煮えくりかえっていましたあせあせ(飛び散る汗)X-<
反日デモ2.jpg

反日デモ.jpg
転載源:google画像




これ、中国人が日本(政府)に向けて抗議しただけだと思っていませんか?






実は……、このときからか定かではありませんが、
反日デモに乗じて中国政府に向けて書かれた旗を
持っている人も現れはじめたのです。

反日デモ3.jpg
転載源;google画像




つまり、政府にとっては中国人民に反日感情を与えることで、政権支持率を上げたいという思惑があったのですが、中国国民にとっては、(本当は中国政府に抗議したいけれど、人権が保障されないがために)表面的に反日感情を爆発させることで、政府に対する日頃の不満を爆発させたのではないか、という結論です。







参考ブログ↓
http://udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2010/10/post-d8ca.html

私は05年の反日デモの件をよく覚えているのであるが、あのときの反日デモは、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関してである。実際に、靖国神社参拝に関して中国人に反対されてもただの「内政干渉」にすぎないし、そもそも、同じ中国である台湾の李登輝元総統は喜んで「戦友」に挨拶に来ているのに、中華人民共和国の人々は、そこまで反日デモを繰り返すのは、おかしい。
 05年のデモのときは、そう思って調査を行った。当然にデモそのものが政府が仕掛けたものであること、そして、その裏には東西格差における農民の反乱や退役軍人のデモが多数発生しており、そのために、中国政府が政府主導でそれらから目をそらせるためのデモを「反日の旗」で仕掛けたにすぎなかった。




結局「漁民船長ヒーロー」説に載せられる人はいいが、「漁民の船長は救われても我々は救われない」という政府への不満は、どうしてもどこかで暴発する。中国はこのようなときに「歴史」と「日本」が大きなはけ口になってしまうのである。中国政府が簡単にデモを中止できないのはこのような事情による。要するにデモが発生しているのは西側の最大の町である成都、綿陽、西安などである。要するに都市部では発生していない。この分布そのものが、「反日」ではなく「反政府」運動であることはすぐにわかることになる。
 そのような背景をまったく報道しない日本のマスコミはかなりおかしいのか、ある意味では中国での情報が少ないのか。そのことは全く分からないが
』……





ゆえに、これがその通りだとすれば、中国政府はこれ以上の大規模な大衆デモを容認しないでしょう。





しかしながら、インターネットの普及により、中国国民の中にも、政府に対して物申す人たちが現れてきたように思います。






民主化する日は、
  そう遠くないかもしれない!?







(↓参考にしてください!_(^^;)ゞ)

 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 10:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。