2014年02月19日

最近教えられた教訓

こんにちは^^最近は寒さに凍えてご無沙汰をしていたsamですがく〜(落胆した顔)












最近は記録的な大雪雪によって全国的に非常事態に見舞われ、所によって自衛隊も出動したと伺っています。私も最近は大雪の影響で新聞の朝刊が届かない!という現象を初めて体験しました(^^;)














私も長い間過ごした大学を今年で卒業しますが、今年希望をもって大学受験をする学生にはぜひ頑張ってほしいひらめきと思う傍らで、雪の影響が受験にも出ていることは残念に思います。
















また、今はソチ五輪スキーの真っ最中であり日本選手の活躍をよく聞きますが、期待に応えきれずに涙を呑む選手もいました。身の回りで起こる幸・不幸の問題を最近は如実に感じます。














何が幸福かということは人によって様々ですが、時々刻々と変化する環境を受け入れられるがとても大切ではないかと思います。全てのことに感謝することができる心を養っていくことができれば、どれだけ人生が幸福でしょうか。わーい(嬉しい顔)
















しかしながら、全てのことを受け入れることなどできるのでしょうか。逆境といえる環境が与えられたとき、その原因を環境に置くのか、もしくは自分自身の中に求めるのかでだいぶ違いますね〜

















(それが簡単にできないので実に難しい…)

















環境は自分を苦しめるものではなく新しい自分に生まれ変わっていくためにあります。新しい自分になることを恐れるか、勇気をもって進むのか問われていると思います。












これからの時代を築いていくリーダーシップを誰が持つのか。すべてのことに責任を持つというのは簡単ではありませんあせあせ(飛び散る汗)これには主人意識を持っていく!というものが何か一つでもあれば、その人は強いなぁと思います。

















ただ他のことに無関心になってしまうのではなく、中心点を統一して一つの意識で進んでいく若者になっていきたいですぴかぴか(新しい)
















と、抽象的な表現が多くてすみませんふらふら初心に立ち返って頑張りたいと思います^^
 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 19:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

ゼミの発表会

どーも 皆さんこんにちは(*^^)v

久々に投稿する卑弥呼です。(^^♪

みなさん覚えてますかね(笑)

今日のタイトルは、ゼミの発表会!!!
入学当初から続いていたゼミがついに終わりをつげ、今までの集大成として、14チームが発表会をしました。
そしてなんと卑弥呼所属ゼミが全体で、、、2位!!

賞状とQUOカード(1万円分)が贈呈されました!!!
先生も合わせたメンバー九人であとで食事会しようと思ってます(#^^#)

まあそんなことはどうでもいいとして、今日私が話題にしたいのは、記憶法についてです。

いくつかのゼミがこのことについて発表していて、おもしろいなと思ったのでここに書きたいと思います。

テストも始まって余裕がないと思いますが、ぜひ息抜きとかにやってみるといいかもしれません。((+_+))


ではまず1つ目    キーワード法
この方法は、発音が似ているものをキーワードにしてイメージし、記憶する方法です。


例 フック(peavey)とえんどう豆(pea)の英単語を暗記したい。

まず、フックの上にえんどう豆がのっているイメージをつくる。

そうすると、どちらかのを思い出せば、他のも芋づる式に、思い出せるという方法

2つ目    文字戦略
この方法は、日ごろ皆さん使っていると思うので、例だけ載せておきます。


例 すいへーりーべーぼくのふねなまえあるしっぷすくるあるか、ゴロゴ、歌で覚える(もしもしかめよ〜)
未然はるーらる、すーさす、しむ、むーむずずーじーましまほし、きーけりつーぬーたりたしけむ
なりごとし〜は連体言  すいきんちかもくどってんかいめい、etc..

この記憶法は今でも記憶した内容を、覚えているので相当活用できますね(笑)

3つ目   OUTPUT法
これは、テストでいい点を取るのに必須の暗記法です。
ひたすら教科書、過去問から、自分で問題を作り、ルーズリーフに書き、何度も隠してoutputし覚えるというものです。


例 赤シートを使った単語帳の暗記

これは、かなり使えますね。言語科目の試験問題が、教科書からでるなら、教科書の文ほぼすべてをこの方法で丸暗記します。

そうすれば、60点を下回ることは確実にないです(キリッ)


というようにいろいろな暗記方法ありますが、人によって相性もあるし一概には言えませんとゼミの研究では言ってました。

あとはガムを食べながらとか、興味があると覚えるとかあるのでぜひ息抜きの時に試してみてください(*^^)v

そして、テストをみんなで乗り越えましょう!!!(@^^)/~~~

参考文献
google,
wikipedia
 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 20:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。