2012年06月18日

定例研 〜カウンターカルチャー〜


こんばんは!

夜遅いですがブログを更新します!



今日(厳密に言うと昨日)は定例研究会をやりました!
CIMG0025_compressed.jpg


CIMG0039_compressed.jpg



今日のテーマは、カウンターカルチャー



司会者は・・

CIMG0048_compressed.jpg

シキでした。


初めに司会者のほうからカウンターカルチャ−の概要を説明してもらいました。


カウンターカルチャーの大まかな主張として、
・伝統的な家庭の概念を破壊
・個人主義
・ヒューマニズム(人本主義)
・フリーセックス

が挙げられましたかわいい


従来の伝統的価値観は支配のため、後天的に作られたものに過ぎず、従う必要はない」という考え方など・・





他に、日本の現状や、カウンターカルチャーの形成について学んでいきました目

CIMG0028_compressed - コピー.jpg
(ポッチー!?)


シキは、熱く語ってくれましたグッド(上向き矢印)



そのあと、「身近なカウンターカルチャーを考えよう」ということで、3つお題を出して各グループで議論していきましたパンチ



お題はこちらexclamation×2
@漫画の過激な暴力・性描写
  →表現の自由をどう捉えるか

A天皇観・国家観の否定
  →日本の伝統、歴史的なアイデンティティ

Bジェンダーフリー
  →選択的夫婦別姓論の問題点は何か


短い時間でしたが、
CIMG0073_compressed.jpg


ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


CIMG0058_compressed.jpg

各グループで意見をまとめていきました。




そして、それぞれの議論を発表!!
CIMG0089_compressed.jpg


レフティさん、熱いですね〜ぴかぴか(新しい)



発表の後は、討論も!
CIMG0093_compressed.jpg


司会者シキ突っ込んでいきました!



1時間ほどの定例研もここまで!


感想としては・・
カウンターカルチャーと言われる文化共産主義の実態・形成過程また、これによる闘争などを知ることができました。正直、知らないことばかりでしたあせあせ(飛び散る汗)
ただ、カウンターカルチャーが大学から発信されメディアを通して広がったことには驚きました。

個人的には、最後に身近なカウンターカルチャーについて議論したことがよかったでするんるん
文化共産主義と言われるぐらいなので、文化に入り込んでくる思想です。だから、あまり気付いていないのが実態です。
「とにかく自由がいい!」という主張に対して、「何となくそんな気がする」というだけで流されてはいけないと感じました。「表現の自由」や「ジェンダーフリー」というのも何も規制なく自由であることの方が「何となく良さそう」な気がしますが、ここもよく考えていかないといけないですね。
案外、「自由」という主張の背後には気付かない思惑があるかもしれないですひらめき



ふむふむ



いろいろと勉強になりましたグッド(上向き矢印)
工学系専門のテルですが、社会問題にも興味を持っていきたいです!

CIMG0066_compressed.jpg
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 01:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1時間とは思えないほど、濃い定例研になりましたね!ヾ(´▽`*)次回の「中国問題」も楽しみです。
Posted by あん at 2012年06月18日 08:32
今回シキ君と一緒にカウンター・カルチャーについてのトピックスを考えていたsamですが…


なぜ僕の写真が映っとらんのじゃ〜ッ(*`Д´*)ノ

っと思ったのですがカメラマンをしたのは僕でしたw


みんな真剣な表情をしていてやっぱ定例研いいなぁと思いましたよ♪ぜひお越しやす〜
Posted by sam at 2012年06月18日 09:06
定例研いいっすねぇ(^.^)


今度私にも教えてくださいな!
Posted by ダイ at 2012年06月18日 13:52
皆さんの真剣さが伝わってきました!
とても難しい問題について語り合われたんですね。
ぜひみんなの考えや意見を直に聞いてみたかったです><!
Posted by 宮美 at 2012年06月18日 19:47
カウンター・カルチャーを考えるのは自分にとっても初めてでしたので、いくつか焦点を絞ることに大分苦戦はしました。

でもその分、もっと深く真剣に議論していかなければならない問題であると、自分の力不足ももちろん、精進したいと思いました(^^)/
Posted by シキ at 2012年06月20日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275767251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。