2015年11月25日

「新・映像の世紀」

こんにちは。久々の投稿になるウッディです。

日が落ちるのがいつの間にか早くなっていて、寒さもだんだんと肌を突くように厳しくなってきました。
11月も終わり、もう年末を迎える12月になるんですね。あと1ヶ月すれば2016年。残りの期間、良い一年になるよう過ごしていきたいですね!


なんか早速締めくくってもう終わりみたいな雰囲気出てますけど……。


この前、夜行バスに乗る機会があり、バスターミナルで備え付けられたテレビを前にして課題をやってたんですが、ふと目線を上にあげたら、画面左上に浮かぶ文字にくぎ付けになってしまいました。


新・映像の世紀

eizou.bmp
こちらから引用

……。
映像の世紀……?

新・映像の世紀……?!

完全に手が止まる私。爆発の映像を映すテレビ。流れ出す「パリは燃えているか」。終わらない私の課題。
結局、それから1時間余りその番組に見入ってしまいました。



話が進んでしまいましたが、ブログを見ている皆さんは「映像の世紀」というシリーズ、ご存知でしょうか?
映像の世紀は、放送されたのはもう20年前にもなりますが、数あるNHKスペシャルの中でも名作と言われるドキュメンタリー番組です。

この番組、歴史や思想を学ぶためにサークルでも時々見る事があります。全体主義や選民思想、共産主義などの思想は、いかに歴史に影響を与えたのかというのが、映像や各人物の手記、日記に記される言葉によって分かりやすく、そして生々しく伝えられます。
ナチスドイツや大日本帝国、ソビエト連邦が深く関わる第二次世界大戦や冷戦、各々の場面で登場する指導者たちの意向、主義が交差し世界が、歴史が揺れ動く様はとても印象的で、どれだけ価値観、思想や主義が社会に重要な影響を及ぼすのかが分かります。

そのような馴染みある番組だったため、新編が突然放送されてびっくりしてしまいました。
第一回目の放送だったんですが、今回は第一次世界大戦を取り上げた内容でした。特に印象に残ったのは、史上初の化学兵器を開発し、戦果に貢献した科学者、フリッツ・ハーバー。化学の授業を受けた人ならば、誰でも知っているハーバー・ボッシュ法の開発者で、電気化学にも優れた功績を残した偉大な人物です。

Fritz_Haber.png
フリッツ・ハーバー

Wikipedia

彼は第一次大戦当時に毒ガス兵器の開発に携わり、それが必ず祖国ドイツの発展に通ずると信じて熱心に開発を進めていきました。妻であるクララは夫の危険な研究に悩みとうとう自殺、それでもハーバーは研究を続けるも、ドイツは敗戦国家となってしまいます。さらにナチスが政権を取るとユダヤ人である彼自身が迫害されるようになり、亡命を余儀なくされます。

「人生でこれほど苦々しく、堪えがたい思いをしたことはない」

彼はドイツの熱心な愛国者でした。しかし、科学者として懸命に貢献したその末路には、その愛国からの選民思想による迫害です。
国の為に尽くしていった人物が、果てには迫害されて国を追い出される――そのような暗鬱で悲惨な事実が、戦争の裏に綴られてきたことが強烈に伝わった内容でした。

「映像の世紀」は、20世紀の戦争と政治の問題を主に取り扱っている番組です。中には衝撃的な内容もありますが、とても学ぶ内容の多い、NHKの最高傑作と言われて納得できるものだと言えます。思想、価値感が社会にどれほどの影響を与えるのかを知る事は、とても大切だと感じさせる番組です。
人気ブログランキングへ
【映像レビューの最新記事】
posted by shinji at 16:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映像レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映像の世紀は自分も見たことがあるんですが、過去の、歴史に名の通った事件とか人物の映像があって、これほどだったのか・・・と思わされるほど衝撃的ですよね(*_*)

本当に価値観とか思想について深く考えさせられますね
Posted by 卑弥呼 静岡CARP at 2015年12月02日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。