text_welcome.png

静岡CARPのブログへようこそ!

静岡CARPは、静岡大学(浜松キャンパス)の学生を中心に活動しているサークルです!

CARPでは、統一原理を学び、“為に生きる”実践を通し、
社会や世界に貢献できる人格・人材を目指します。


 このブログでは、
・統一原理
・活動報告
・サークルの日常
 などを紹介していきます(^^)


静大生もそうじゃない人も、気軽にコメントしてくださいね♪♪
お待ちしてます^O^

2014年12月02日

「イ」

どうも、こんにちは!シンジです。

突然ですが皆さんは、テレビをよく見ますでしょうか?

僕もテレビっ子でしたから毎日アニメやドラマや映画などよくみてましたね〜ヽ(´ε`*)ノ

そんな当たり前のように見ているテレビですが、実はその誕生を担ったのが、我らが静岡大学が誇る「テレビの父」高柳健次郎先生なのです。

静岡大学には「高柳記念未来技術創造館(旧高柳記念館)」という建物があり、資料や映像などをとおしてテレビや高柳健次郎先生について学ぶことが出来ます。

以前にも定例研究会で訪れてブログにも載っているんですけど(第三回 定例研究会〜「テレビの父」に学ぶ!〜)、今回も再び、高柳先生の歩みについて紹介していきたいと思います!




高柳さんは、1899年、ここ静岡県浜松市で生まれました。小学校時代は成績は決して良くなく、いわゆる落ちこぼれだったそうですが、一方では電気回路をいじったり模型造りに熱中したりするようなこだわりを持った少年だったそうです。ヾ(´ε` 幼いころから工学部の素質を持っていたのですね。

そんな高柳少年が小学校3年生の時、初めて「無線」に出会いました。学校に海軍の水兵がやってきて見せてくれたモールス信号のデモに感銘したのでした。
さらに、高柳先生が13歳の頃に起こったタイタニック号沈没事件では、米国の一無線技師がこの惨事を無線でキャッチし、これを全世界に無線で伝えたことを新聞記事で知るなど、これらの経験が後のテレビの研究へと繋がっていくことになるのですね。

貧しい中でも教員を目指して勉強に励み、1921年に大学を卒業して、1924年、浜松工業高等学校(現静岡大学工学部)の助教授にまでなりました。
当時高柳先生が卒業した大学で、恩師である教授から
「今流行している技術をやりたがってはダメだ」ということばを受け、将来の日本になければならない技術を10年、20年かけて作り上げるよう指導されたのだそうです。

そして高柳先生はその頃、ひそかにテレビの概念を着想していました。
「電話で声が伝わるのならば、映像も伝わるのではないか。そしてラジオ放送が遠くから無線で声を送れるのだから、映像だって無線で遠くへ送れるのではないか」と考え、それを「無線遠視法」と名づけたそうです。(#゚Д゚)ノ まさに、「テレビジョン(tele-vision)」というわけですね!ん〜っ、最初にこの発想を考えたのはすごいですよね。

そして1924年には浜松工業高等学校でテレビの研究を始めていきます。

当時、テレビの研究では、撮像側(文字や画像を取り入れる)から電気信号を受け取って文字を映し出す役割をする受像側の装置は、「機械式」が主流でしたが、高柳先生は受像装置に当時画期的だった「電子式」のブラウン管を用いた研究を進めていました。

ブラウン管といえば、1897年ドイツの物理学者ブラウンが、電気現象の観測装置として発明した陰極線管(高校の教科書でよく見るやつ)でしたが、高柳先生は、電子ビームを制御して文字や画像を映し出すことでテレビの受像装置に利用しようと思いついたのでした。
(-ω-) 私たちが古いテレビと言って思い浮かべる「ブラウン管」というのは、もともとは物理実験の装置だったんですね。(;゚Д゚)σ 中を見ると茶色いとかそういうことじゃないですよ!

高柳先生は機械式の限界をいち早く悟り、未来のことを考えれば将来生き残るのは絶対に電子式だという確信を持っていたようですね。すごい信念ですよねφ(・ω・ )。
そしてついに1926年、世界で初めて電子式テレビ(ブラウン管を用いた電子式テレビ受像機)が誕生したのでした!
実はこのときブラウン管に映し出された文字がカタカナの「イ」という文字なんですね!




\(^o^)/「イ」!\(^o^)/





そしてその後も、生涯を捧げてテレビ技術を発展させ、現在につながる数々の映像技術の基礎を完成させていったのでした。
ヽ(´ε`*)ノ さすが、「テレビの父」ですね!


今もテレビやテレビ放送の技術は日進月歩で進化しています。アナログ放送が終わって完全に地デジに移行したのも割と最近の出来事ですね。これからの技術もどんどん進歩していく事でしょう。そのうち、SF映画に出てきそうなホログラムで映像を見られるようになる日も遠くはないのかもしれませんモバQ
(`・ω・´)そんな技術の基礎を作り上げた人が静岡大学にいたなんて、誇らしいですね!

工学部ってこういうふうに、モノづくりを通して世の中に貢献できるのがやっぱりいいなと改めて思いました。モノづくりに情熱をかけてるっていう感じがしますよね!自分も工学部として、高柳先生を思い出すたびに、自分も何か成し遂げていきたいなと燃えてきますね!爆弾


(#゚Д゚)ノいろんな技術の背後の苦労の歴史に感謝を忘れないで、いずれは僕たちも未来の日本に貢献する技術を作っていけるように、静大のみなさん、一緒に頑張りましょう!


ではまた!







\(^o^)/「イ」!\(^o^)/


 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 16:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 大学自慢・紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

学生歌って!?

こんにちは!  

静岡CARPの卑弥呼です(#^^#)

トップバッターのTomさんに引き続いてブログ更新していきます!

今回の話題は「学生歌」です。


皆さん、学生歌って知ってますか?
静大生ですらあんまり聞く機会のないものですよね(*_*)

そんな方のために、、今回実際このブログを見る皆さんにも伝統の学生歌を紹介したいと思います!


まず学生歌っていうのは各大学で学生が集まって歌うもので各学校で決められたものがあります。
私立国公立に関係なくきめられているっぽいです(-_-)
前置きはこれくらいで
では静大の学生歌を見ていきましょう!


ドン!!2014-11-23 21.10.50.jpg

これが静大の学生歌です!
まず後ろの部分に注目してみるとこれは小中高と同じような感じに締めくくられています。
なんだ!普通の校歌かと思ってしまいますね(-_-)









でも前の部分に注目してみましょう!


一番では富士の高嶺黒潮よりも高く深くなって行こうという感じの歌詞が見られます。




これは本気で言っているのならとんでもないことを宣言しています。





また二番ではみかんの花より清く美しくとなっています。みかんの花をあんまり見たことないですけど、きっときれいな花なんですね(^^♪







そして三番では真理を求める若者とあります。

以上を見てもわかるように学生歌(静大)は学校の立地や地域の良さを歌った校歌と違い学生がこうしていきたいという希望を歌っている歌なんだと感じました!



この歌一つとってみても、わかるように大学生は、ただの高校の延長ではなく、学生の人格を成長させたり 学問も探究したりと、本当に未来を担っていく若者を育てるところであると感じました( `ー´)ノ





楽しいキャンパスライフとともにこういった創立当時の伝統も大切にして、
これからも目標をもって日々過ごして行きたいですね(^^ゞ










以上卑弥呼でしたー
 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 00:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

おはこんにちは!

こんにちはっ(゚Д゚*)(。_。*){Tomです!!










北風台風が吹きつける中、登校・通勤お疲れ様です







いつの間に手袋マフラーなしの外出が辛くなったのか






一年ぶりに手袋をはめようとも、My手袋が見つからないTomは今度イオンへ行って買ってきますたらーっ(汗)







皆さんも防寒対策はバッチシでしょうか?ヽ(´Д`*)ノ ゜+.゜












さてさて、皆さん…ムフフ







今回から静岡CARPのブログの更新率がUPしますよグッド(上向き矢印)upup







約一か月を通して、Tomを筆頭(?)に静岡大学について皆さんにブログを通して紹介していこうと思います!わーい(嬉しい顔)






第一弾は『静岡大学(特に浜松キャンパス)の歴史』デd(。・∀・。)ス!!!






さっそく紹介していきますね♪






法人名は『国立大学法人静岡大学』で、1949年に創立し今年で65目年になり1万人を越える学生さんがいます






その静岡大学ですが、実は前身として5つの学校が存在し、それらを統合し新創設されて今に至るのです

・静岡師範学校 (1875年 明治8年)
・静岡県浜松師範学校
・静岡高等学校
・浜松高等工業学校
・静岡県立農業補習学校




1949年に教育学部・工学部が発足し、1951年には農学部の発足。
さらに1965年に人文学部・理学部の発足、1995年には情報学部が発足されるなどして現在は 6学部が存在しています







工学部の前身は1992年に設置された浜松高等工業学校で、発足当時は機械学科、電気学科及び応用化学科の3学科でした







今の工学部は、このものづくりスピリッツを引き継いでいるのですね〜目






ところで、本田宗一郎という方を皆さんはご存知でしょうか?目






そう、バイクで有名なあの『Honda』の創始者です






実は1934年の浜松高等工業学校の時に聴講生となっていたのです!!



在学生でも知らない方が多いくらいマイナーな情報となっていますが…










話は変わりまして、工学部生は1・2年次に静岡キャンパスにおいて教育がなされていて
無事進級できたらなんと3・4年次に浜松キャンパスに移るシステムになっていたのです(`-д-;)ゞ





なんと面倒なナ!!ヽ(≡ω≡;ヽ)ォロォロ(ノ;≡ω≡)ノ





しかし、4年一貫教育が平成12年4月からスタートし、1年次から浜松キャンパスで行われるようになりました





先輩方、本当にお疲れ様でしたあせあせ(飛び散る汗)






2004年には国立大学から国立大学法人に移行






機械工学科、電気工学科、工業化学科の3学科で新発足してから、2013年などを含め幾度の工学部の学科改組が行われ、現在、5学科9コースとひとつの独立専攻からなる体制となっています












いやぁ〜まだまだ知らないことがいっぱいありますね




箇条書きみたいになってしまいましたが、少しでも知ってもらえたのならうれしいです!




ぜひ皆さんも、ご自身の通う学校の歴史を調べてみるのもいいかもしれません





いろいろ発見できて面白いですよ〜るんるん





以上Tomでした  
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 10:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

土曜の朝は!

どうも、こんにちは!久しぶりのシンジですよ。

今日は11月15日。世間では、ですよね!たしか、子供の成長を祝って着物を着て神社に行って千歳あめを食べる行事でしたかね!(適当…)
僕たちもそんなはるか昔のことを思いながら、子供たちに負けまいと朝の寒い公園でアルティメットをしてきましたよ〜!


大学の近くのその公園では、なぜか朝からラジコンヘリをやっている方たちがおられました。


P1000754.JPG
朝の寒い公園


皆さんも、何かスポーツをやっていますか?僕たちも、週に一回はこのようにサッカーやアルティメットをやっているんです!普段大学生はスポーツのサークルとかやってなければ運動する機会も少ないので、運動不足になりがちですね。

最近はサッカーではなく専らアルティメットをやっているのであります。
朝のスポーツはいいですよ!

実は僕たちスポーツは、技術だけでなく、チーム同士でより一体化してチームワークを重視してやっているのです!
どちらがよりうまいかよりも、チームの中でお互いの為にプレーしてチームが一つとなった時にこそ、本当の醍醐味というものがあると思うのです!まさに、one for all, all for one!!!

皆さんもぜひ、僕たちとアルティメットやりましょう!
では!  
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 15:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

定例研究会!!!

皆さん、、  こんにちは!!

卑弥呼です(^^♪ 
 
ついに10月も終わりですねーー
メンバーも忙しそうで、あっという間でしたが・・・・・・・・・・・・・
そんな中、10月最後に



計画していたものがついに実現しました!!!!!









「後期第一回定例研」 です!
P1000742.JPG
今回は雰囲気を出すためにスーツで、ディベートの形で討論しました!
 議題は、、、、、、、






    キノコの山とたけのこの里食べるならどちらか??
00d50ba136a5c4838c373b9dfe46c43e_w.jpg



はやりたかったんですが時間がなく、(僕はたけのこ派です)

 今回は最近話題の


        道徳の教科化に賛成反対どっちか?です





皆さんはどっちですかね?(^^♪ 調べてみると有意義ですよ!

実際教科化されることはもう決まったことですが、ディベートしました!!


反対賛成はランダムに振り分けられるので自分の考えと違う派になることもあります。

でもそういった中で相手の立場になって考えることができ、相手の主張にも興味を持つことができました。
またディベートの形をとったので、感情的にならず、白熱した戦いでした( `ー´)ノ



どちらも譲らない戦いでしたが........






結果は、賛成派の勝利でした!





残念ながら、自分は反対派だったので負けてしまいました。


でもこういう形で大学生のうちから、社会のことに関心を持って考えていくこと。



また面と向かって大学生同士で日本の問題を考えることは


今しかできない貴重な経験でした(#^^#)



これからもディベートをやっていきたいですね!




以上卑弥呼でした(^^)/













 
人気ブログランキングへ
posted by shinji at 17:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。